〜 お金の氣が、一番安定する良い環境を作ってあげよう! 〜

風水的な財布の入れ方で、「金運アップ」させる方法

お金の氣が、一番安定する良い環境を作ってあげよう!

私が日頃、金運アップのために心掛けている
「 お財布の入れ方 」をご紹介します。

 

1、お札の向き

 

お札をそろえることは、もちろん必須なんですが、
お札の頭を、上にするのか?下にするのか? が迷うところですね。

 

基本的に、お札さんは頭から飛び込んで来ますので、
結果、頭は下向きに入るのがスムーズな入り方になります。
よって普通に見ると、福沢諭吉さんの頭が、逆を向く格好に入れましょう。

 

2、お札を入れる順番

 

日本のお金の場合、基本的にお札は
「一万円札」「五千円札」「千円札」の三種類ですね。

 

これらには、格の違いがあります。
その中で最も偉いのは、もちろん「一万円札」
ですから偉い王様を、家来たちが守るイメージで、
一番内側に「一万円札」
中間に「五千円札」
一番外側に「千円札」

・・・という順番に、入れましょう。

 

ちなみに海外の通貨も、同様に考えて頂ければ大丈夫です。

 

3、一緒に入れてはいけないモノ

 

お札と一緒に入れてはいけないものが、いくつかあります。

 

●レシート
何かを買った際に当然もらうレシート。
これは「 出費 」を表す証拠ですから、
お札が触れていると、当然、出費として出ていく癖がついてしまいます。
レシートは、財布に入れるのは構わないですが、
入れる場合には、お札と違うポケットに入れ、お札に直接触れないようにさせておきましょう。

 

●スイカなどの電磁波を帯びるカード
スイカ、パスモ、イコカ ・・・・などなど、これは使う際に、電磁波の影響が考えられます。
家の風水では、
電線に囲まれている家や、IHクッキングヒーター(特に古い製品)がある家は、
やっぱり住人の波長が乱れやすくなります。
それとお札さんも一緒。
本来なら、一緒に入れないほうが良いですね。
特に電磁波は、使用しているときに出ますから、
普通に入れている分には、まだ大丈夫ですが、
財布に入れながら、電車の改札を通ることはなるべく避けましょう。

 

●二千円札
すでに全く見かけることの無くなった「二千円札」・・・。
(10代の子だと、知らない人もいるかもしれませんね!)
この「二千円札」、発効したけど使い勝手がすごく悪いため、
誰も使わなくなってしまった過去の遺跡・・・。
つまり、この「二千円札」は、流れが止まる・停滞の象徴!
お金は「 天下のまわりもの 」なのですから、流れを停滞させてはいけません。
それなのに、停滞の化身・「二千円札」を入れてしまうと・・・
一瞬で、金運は下がってしまいます。

 

お亡くなりになった小渕首相には申し訳ないですが、
「記念に持っておこう〜」などとは思わず、
もしお財布に入れていたなら、即、撤去してください。

 

・・・・・

 

以上、こんな感じです。
まずは財布の整理整頓、お試しください!

 

P.S.

 

よく「 お札は折ってはいけない 」という話がありますが、
どうやらこれは「お金を大切にしましょう〜」という迷信のようです。
二つ折財布だろうが、金運には一切関係ありませんので、
気にせず、使いやすいお財布を使ってくださいね。

 

 

▲TOP

 

→ 風水コラム一覧
他にも、風水についての役立つ記事を掲載しております。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 鑑定の特長 料金 Q&A 風水コラム 事例紹介 お申し込み